MENU
既婚者向けマッチングアプリおすすめ10選はこちら

既婚者クラブにはサクラがいる?業者の実態や危険人物の存在まで徹底調査

既婚者クラブにはサクラがいる?業者の実態からパパ活女子の存在まで徹底解説

「既婚者クラブはサクラばかりで出会えなかったらどうしよう」「既クラで業者らしき会員がいた」など、既婚者クラブを利用するにあたってサクラや業者の実態は気になりますよね。

結論、既婚者クラブにサクラはいません。しかし業者は排除しきれないため、遭遇するケースもあります。被害に遭う前に、マッチングした相手が業者かどうかを判断する力が大切です。

そこで今回は、既婚者クラブにサクラがいない理由や業者の実態、見分け方を徹底解説します。怪しい業者に引っ掛かることなく本物の既婚者と出会いたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

この記事を書いた人
編集部マリッド

レイナ

元ラウンジ嬢のライター。学生時代から恋愛体質で、マッチングアプリを中心に300人以上の男性と出会う。現在は結婚してマレーシアに移住。

結論:既婚者クラブにサクラはいない

結論:既婚者クラブにサクラはいない

既婚者クラブにはサクラはいないと考えられます。その理由は詳しく解説します。

既婚者クラブにサクラがいない理由
  • 会員数20万人を超えている
  • 警視庁から許認可を受けている
  • サクラはポイント制サイトにいる

会員数20万人を超えている

既婚者クラブは累計会員数20万人を超えている、既婚者向けマッチングアプリの大手です。そのため、会員数を増やすためにサクラを雇う必要性がありません

リリース直後で会員が少ないマッチングサービスなら、サクラを雇って水増しするケースはあります。その観点から見ても2020年リリースの既婚者クラブは、サクラがいる可能性は低いでしょう。

警視庁から許認可を受けている

既婚者クラブは警視庁から「インターネット異性紹介事業」の認可を受けたマッチングアプリです。法令遵守した健全な運営体制である証拠で、サクラを雇うことはできません

出会いを期待して登録・課金した男性に対して「出会えない」サクラの女性を紹介するのは、詐欺も同然です。判明すれば、営業停止や認可取消など厳しく取り締まられます。

サクラはポイント制サイトにいる

既婚者クラブは月額課金制のため、サクラを雇うメリットがありません。そもそもサクラは、ポイント従量課金制の出会い系サイトにおいて、男性に課金してもらうための手口です。

写真の閲覧やメッセージ一つ一つにポイントが発生するサイトでは、男性は女性と長くやり取りするために継続的な課金が必要です。アダルトなコンテンツで課金を煽ることもあります。

一方既婚者クラブではポイントの概念がないため、男性の課金を煽る必要がないのです。仮にサクラがいても、1ヶ月間もメッセージだけで会えない女性がいたら怪しまれるでしょう。

既婚者クラブに業者がいる可能性はある

既婚者クラブに業者がいる可能性はある

マッチングアプリに業者は少なからずいる

マッチングアプリにいる業者の目的
  • LINEなどの個人情報の収集
  • ネットワークビジネスへの勧誘
  • デリヘルなどの風俗への勧誘

既婚者クラブに限らず、マッチングアプリには業者がつきものです。ここで言う業者とは、運営会社とは無関係であり、ビジネス目的で登録している一般人のアカウントを指します

関係性が浅いにも関わらず、メールアドレスやLINEを要求されたら要注意です。また、ビジネス系の業者は、やたら美男美女で積極的に誘ってくるケースが多いです。

デリヘルなどの風俗業者は、ホテルや繁華街で会おうとしてきたり、割り切りと言って金銭を要求してきたりします。やり取りの中で、怪しさや強引さを感じたら会うのは控えましょう。

登録認証システムがしっかりしている

既婚者クラブは、登録にメールアドレスと電話番号認証が必要です。メールアドレスのみで登録できるマッチングアプリもある中、既クラの登録時の認証システムはしっかりしています

メールアドレスで登録できるマッチングアプリやサイトは、フリーメールアドレスと自動登録システムがあれば無限にアカウントを作れるため、業者が蔓延しやすいです。

一方で既婚者クラブは電話番号の登録とSMS認証が必須で、悪質な業者の蔓延を防げています。とはいえ登録時点では業者であると判別できないため、登録後のチェックによって排除されます。

24時間365日のセキュリティ体制がある

既婚者クラブは、24時間365日体制の頑丈なセキュリティがあり安心です。プロフィールやメッセージに不適切な表現がないか、違反をしたユーザーがいないかを常に監視しています

またやり取りをする中で、会話の微妙なニュアンスから業者を疑うこともあるでしょう。その場合、通報すれば運営が迅速に調査や対処をしてくれるため、快適に利用できます。

既婚者クラブではパパ活女子が稀にいる

既婚者クラブではパパ活女子が稀にいる

パパ活女子は排除しきれない

既婚者クラブは戸籍謄本など既婚を証明する書類の提出が必要ないため、パパ活女子も登録できてしまいます。余裕のある男性が多い既婚者クラブは、パパ活のターゲットにされやすいです。

パパ活女子とならお金を払えば食事に行けるものの、心から満たされることは少ないでしょう。既婚者同士で悩みを分かち合いたい方や、癒されたい方は、パパ活女子は避けましょう。

とはいえ、怪しくても確信がない段階でパパ活女子と断定したり、本人に聞いたりするのはNGです。パパ活女子の特徴にいくつか当てはまる場合、会うのを控えればよいでしょう。

パパ活女子には特徴がある

既婚者クラブにおいて、20代でぼかし越しにも可愛すぎる、綺麗すぎる女性の場合は、まず業者かパパ活女子を疑うべきです。その上で、メッセージのやり取りに着目しましょう。

例えば「どんな女性がタイプですか?」ではなく「条件は何ですか?」といった質問をしてくる場合。パパ活の条件をすり合わせるための質問なので、パパ活女子とみなしてよいでしょう。

お手当が必要だったり、会う内容に大人や買い物があるのもパパ活女子の特徴です。また金銭的な要求がなくとも、やたらと夢や目標をアピールしてくる女性もパトロン狙いの可能性があります。

既婚者マッチングアプリで業者を見分ける方法

既婚者マッチングアプリで危険人物を見分ける方法

美人すぎる女性には少し警戒する

既婚者マッチングアプリにおいて、美人すぎる写真の女性には注意が必要です。特にぼかしもなく、真正面からハッキリと顔が分かるような写真であれば、ほぼ業者だと言っていいでしょう。

実際に美人だったとしても、既婚者ならリスクを考慮して安易な顔出しを避けるのが当然だからです。但し、ぼかし越しに美人と分かる程度なら、本当に美人な既婚者である可能性もあります。

現在はネット上に無数に美人な一般女性の写真があるため、写真だけを見て悪用だと判断するのは困難です。プロフィール内容やメッセージのやり取りなどもあわせ、総合的に判断しましょう。

別サイトへの誘導にはのらない

既婚者マッチングアプリで、別サイトへのURL付きメッセージが届いた場合も注意が必要です。フィッシング詐欺やスパムに遭ったり、業者のリストに入れられたりする可能性があります

本来どのようなタイミングであっても、出会うまでにURLを送信する必要はありません。別サイトへの誘導は悪質な業者の可能性が高いので、運営に通報してよいでしょう。

LINEやメールアドレスは交換しない

既婚者マッチングアプリでは、会うまでLINEやメールアドレスの交換は控えましょう。例え危険人物ではなかったとしても、当日会ってから連絡先を交換すれば問題ありません。

そもそも既婚者マッチングアプリ自体、ブラウザで秘密裏に連絡できる便利なツールであり、家族にバレたくない既婚女性からするとLINEやメールよりも安全なのです。

警戒心が強い既婚女性が、会う前から連絡先交換をするメリットはありません。女性側から連絡先交換をお願いされた時点で、何らかの業者の可能性があるでしょう。

サクラと間違われやすい既婚女性の行動

サクラと間違われやすい既婚女性の行動

メッセージの返信が返ってこなくなる

女性からメッセージの返信が途絶えるとサクラを疑う男性がいますが、多くの場合は間違いです。会話が盛り上がらない場合や、他の男性のほうが魅力的な場合は返信が途絶えることがあります

既婚者クラブは女性会員が少ないため、常にライバルが複数人いると考えましょう。同時に何人かとやり取りしている女性が大半なので、男性から数日返信がないだけで忘れられることもあります。

登録直後はテンションが上がっているため返信がマメでも、数日後にはアプリに飽きてしまう女性も少なくありません。こまめな返信を心がけつつ、深追いしすぎない心構えも大切です。

プロフィールに夫への不満が書いてある

一般的な恋活マッチングアプリや出会い系サイトと同じ基準で、夫への不満を書いている女性をサクラと疑うのはNGです。このような女性を見過ごしてしまうと、出会いの機会を失います。

夫とのセックスレスや冷え切った関係で生じた不満を埋めるために、既婚者クラブを利用する女性は少なくありません。相手が具体的な悩みを打ち明けてきた場合は、距離を縮めるチャンスです。

こちらも同じような悩みを話したり、女性の悩みに共感したりすることで、心を開いてもらえるでしょう。悩みの解決策を提示するのではなく、理解者になることが大切です。

サクラがいない既婚者マッチングアプリ3選

既婚者クラブ以外の、安全に利用できる既婚者マッチングアプリを紹介します。既婚者クラブで出会えない方や、おすすめの既婚者マッチングアプリを知りたい方は、参考にしてみてください。

Healmate(ヒールメイト)

Healmate(ヒールメイト)
会員数5万人
年齢層30代後半~50代後半
利用料金男性:9,800円/月(登録無料)
女性:完全無料
決済方法クレジットカード・銀行振込・Amazon Pay
運営会社レゾンデートル株式会社
公式https://healmate.jp/

ヒールメイトは、プラトニックな関係性を求める女性から人気です。お互いの家庭を大事にしつつ、セカンドパートナー探しや婚外恋愛目的で利用する、品位ある男女が多く登録しています。

紳士的な男性が多く、ワンナイト狙いやヤリモクがいないのも女性からすると安心できるポイントです。心の繋がりを重視したい既婚者の方は、ぜひ無料登録してみてください。

\ おすすめ既婚者マッチングアプリNo.1 /

Cuddle(カドル)

Cuddle(カドル)
会員数20万人
年齢層30代前半~50代前半
利用料金男性:9,980円/月(登録無料)
女性:完全無料
決済方法クレジットカード・銀行振込
運営会社ThirdPlace株式会社
公式https://www.cuddle-jp.com/

カドルは、割り切った関係を求める既婚者のためのマッチングアプリです。第二の伴侶を真剣に探すというよりは、後腐れなくカジュアルな火遊びや恋愛がしたい既婚者に向いているでしょう。

アプリの開発は有名IT企業を指すGAFA出身の技術者によるもので、サクサク使える操作性や優秀なAIマッチングが評価されています。忙しい既婚者でも簡単にマッチングできるアプリです。

\ 割り切りにおすすめの既婚者アプリ /

Afternoon.(アフターヌーン)

Afternoon.(アフターヌーン)
会員数非公開
年齢層30代後半~50代前半
利用料金男性:9,800円/月(登録無料)
女性:完全無料
決済方法クレジットカード
運営会社株式会社アフターヌーン
公式https://www.after-noon.jp/

アフターヌーンは、既婚者同士で友達作りができるマッチングアプリです。地方在住の会員はまだまだ少ないですが、都心部在住であれば新たな出会いが見つかるでしょう。

友達作りがコンセプトとはいえ、中には恋愛目的やヤリモクの既婚者もいます。プロフィールで利用目的を記載しておけば、自分が求める出会いとのミスマッチを減らせるでしょう。

\ 既婚者の友達を作れるマッチングアプリ /

おすすめの既婚者限定マッチングアプリを知りたい方は、下記の記事をご覧ください。編集部が厳選した既婚者マッチングアプリ10選を徹底解説解説しています。

まとめ:既婚者クラブにサクラはいない

結論として既婚者クラブには、サクラはいないと考えられます。業者は排除しきれないため一部いますが、会員数や警察からの認可を考えるとサクラを雇っている心配はないでしょう。

業者は手口や見分け方が分かれば大きな問題にはなりませんし、業者っぽいと感じたら通報する手もあります。うまく回避しながら、安全に既婚者クラブを楽しんでください。

目次